昆虫はなぜ海に進出できなかったか

1名無虫さん2012-01-14 23:11:42

陸上の覇者である昆虫が、なぜ生命の源である海へと帰ることができなかったのか

これをみんなで考えよう

477名無虫さん2013-04-25 12:12:44

>>1

生物に対する疑問の殆どがこの一言で片付く

「必要なかったから」

57名無虫さん2012-01-29 20:24:15

汎甲殻類の中でも陸上若しくは淡水の汽水域で分岐したのが六脚類っぽいからなあ。

陸水にも陸に上がる必要に迫られなかった汎甲殻類は相変わらず海で繁栄してるわけで。

間違いなく陸上で分岐した鳥類が1種も海棲に戻ってないのを考えると、

尚更完全海棲に適応する方向に向かう六脚類は増えにくいんじゃないか。

それでもウミユスリカなんかは相当高度に半海棲に適応してる部類だろ。

60名無虫さん2012-01-30 22:47:28

>>57

海鳥とペンギン、種類は結構多いぞ。産卵以外はほとんど海で暮らしているよ。

ただ、ウミヘビなどのように卵胎生になった奴がいないからな。

アフターマンにはペンギンが卵胎生になってイルカみたいになった奴が出てくる。

58名無虫さん2012-01-30 22:38:30

ウミユスリカって成虫になってから30分しか生きられないんだね

59名無虫さん2012-01-30 22:42:27

>>58

セミ、ホタル、カゲロウもそうだけど、

ほとんど繁殖のために成虫になるようなものだね。

幼虫の期間のほうが長い。

61名無虫さん2012-01-30 22:59:34

>>59

長期間幼虫で生活して羽のある期間は一瞬だから海に適応しやすかったのかな。

64名無虫さん2012-01-31 00:35:32

>>60

海鳥が海中で行うのは索餌だけだから海棲には数えなかった。

適応の境目を決めるのはやっぱり繁殖だと思うよ。

65名無虫さん2012-01-31 08:30:19

>>64

じゃあ、ウミガメは?アザラシは?

ちなみに水生生物の生態的な類型にはニューストンというのもある。

>>61

それは考えられないでもないが、そういう生活の昆虫は他にも多いのに、

ウミユスリカだけ、と言うのが疑問だな。

ちなみにダニ類ではウシオダニというのが海生っぽい。

73名無虫さん2012-02-02 06:12:53

多足類は海からは化石も出ていない

体にクモの書肺のような鰓の痕跡もない

これは昆虫と同じで、その発生自体が淡水域に起源があるからではないだろうか?

いろいろな状況証拠から多足類は六脚類より古い時代に

先行する形で上陸していた微細な甲殻類に起源があるのではないかと

個人的には考えているのだが、どうだろう。

カニやフナムシなどおおむね海水の浸透圧を持ったまま陸で生きている無脊椎動物はしばしば見るが

逆はない

この事が陸水から海水への移行の難しさの一面を物語っているのかもしれない。

323名無虫さん2012-05-23 08:51:16

>>73,74

世界最古の多足類は4億2千万年前のヤスデの仲間だ。

世界最古の甲殻類は3億3千万年前だから、

甲殻類や甲殻類の一系統である昆虫が祖先って事はおそらくない。

多足類の祖先は鋏角類の中の何かだよ。

個人的には世界最古のクモが3億8千万年前、ダニが4億1千万年前である事を考えると

4億5千万年前から居るサソリか、それ以前のウミサソリが多足類の祖先になったんじゃないかと思う。

112名無虫さん2012-02-07 12:41:40

>>108

どう納得できないか言わないと説得力に欠けるよ

水流ってw自力じゃないじゃん。流されてるだけw

何故論外なのかの説明がないと論外だな

条件が変わらないってw密度と種類の豊富さが違う

意見を否定しているだけで、つまらん

125名無虫さん2012-02-20 12:36:48

ウミクワガタってのは既にいる

127名無虫さん2012-02-21 21:53:52

>>125

昆虫じゃないみたいだね

しかし動きと形がクワガタだ

hhttp://www.youtube.com/watch?v=Rdglay7U4Uw

129名無虫さん2012-02-22 08:17:29

>>127

うわああ、すごい!!!!!

つうか昆虫の定義がそもそも

間違っているとかはにあのかね?

海に住んでる「外骨格生物」は全部

「虫」でいいのでは?

カニやエビなんてどうみたって虫じゃんかよ。

133名無虫さん2012-02-22 12:51:38

>>129

虫って日本語は、昆虫より遥かに範囲が広いんよ

古くは貝も蛇もカエルも、もちろん昆虫もエビカニも虹も虫

獣と鳥と魚(とヒト)以外全部「虫」扱い。龍も長虫と言われるくらいだからねw

135名無虫さん2012-02-23 04:18:46

>>133

最もオーソドックスな虫、つまり「真虫」は蝮、爬虫類だもんな。

しかし、昆虫類は「虫」、それ以外は「蟲」って書く場合が多いんじゃないか

ってベクターケースファイルの人は書いてた。

145名無虫さん2012-03-06 21:53:59

簡単な分類の知識くらい詰めといたほうがいいな

487名無虫さん2013-06-19 11:56:47

【レス抽出】

対象スレ: ●▲北海道の自作ショップ事情▲●Part153

キーワード: 素数

145 名前:Socket774[sage] 投稿日:2013/06/18(火) 23:20:54.88 ID:ZRZXmBos

>>133

蝉は7年とか17年とか素数年地下で過ごす

なぜ素数かは教えない

151 名前:Socket774[sage] 投稿日:2013/06/19(水) 10:16:50.07 ID:rEkwgxk1

数理生態学上素数年が生存戦略的に理に適っているとの結論に至るが

昆虫の幼虫の成育期間は栄養状態に左右されるので個体差があり

日本のセミで調査した場合は幼虫の期間は実際には5〜6年程度であるのが通例だということは

一般には知られていても>>145には知られていない

抽出レス数:2

159名無虫さん2012-03-23 21:54:39

昔「科学朝日」に「陸で食い詰めず、海で苦労の必要なし」って特集が載ってたけど、案外それが真相じゃないのかね?

陸でいくらでも適応できる場があるから、わざわざ海を目指す必要性がなかったってこと。

160名無虫さん2012-03-23 23:07:27

>>159

それらしい話なんだが、その論法だとイルカやペンギンはどんだけ食い詰めてたんだって話になる

自然淘汰の解説は証拠の無いことが多く、よく眉に唾を付けて聞かないとうまく「進化論的空想」に丸め込まれてしまう。

そもそも生物は食い詰めて分布を広げるわけではない。

生物はもともと自然に拡散してゆくもので、その中で飢えた群は滅び、そうでない群は生き残りまた拡散する

そのくり返しが結果的に良い環境の方に移動や進出をしたように見えるというだけだ。

何かを目指して進化や適応をした生物なんていない

219名無虫さん2012-04-04 17:53:19

サーフィンやってて波打際から50M位沖で波待ちしてると

結構小ハエみたいなの居るんだよね。特に梅雨時 。

あいつら海で何してんだろ。お前が臭いからたかってんだろってのは無しで。

247名無虫さん2012-04-24 12:13:40

昆虫はもともと気合いとは無縁の動物。

温暖な土地の冬でさえも越せないゆとり

248名無虫さん2012-04-24 12:23:07

>>247

それだと、冬のある地域に昆虫は存在しないことになるが。

昆虫にも気合いはある。ゴミムシとか見てると、気合いを感じる。

ハンミョウなんか、もう最高!

249名無虫さん2012-04-24 12:34:07

>>248

>冬のある地域に昆虫は存在しないことになる

活発に活動できないところがゆとりたるゆえん。

吹雪の冬に鳴く蝉はいない。

これがゆとり

259名無虫さん2012-04-26 15:17:20

>>249の言っているのは、

冬でも温度のある時や場所で活動が可能かということではく

狐や白鳥みたいに零下に晒されても活発に活動できるかということだと思うが。

258名無虫さん2012-04-26 14:41:27

零下じゃないと冬と認識してもらえないのか?w

南極に生息するユスリカBelgica antarcticaでも認めてもらえないの?

261名無虫さん2012-04-26 16:15:29

>>259

温度だけが問題なら>>258のような極地で活動する昆虫の存在で十分じゃないのか?

262名無虫さん2012-04-26 16:57:37

>>261

例としてはいいが、例外とすべきじゃないか?

シーモンキーやカブトエビを例にとって甲殻類が乾燥に耐えられるとは言わないだろ。

ウミユスリカもだが、ユスリカってなんかすごい適応力のある昆虫だな

299名無虫さん2012-05-19 19:33:31

どこでも生息できる動物ってのは、そこでしか生きられない動物に生存競争で負けそうだが。

301名無虫さん2012-05-19 22:02:41

>>299はちょっと勘違いしちゃったな。

309名無虫さん2012-05-20 13:54:56

川から離れなかった奴らなんていないんじゃないの?

無翅で無変態のシミみたいな奴らが陸上に適応して、それから羽を得たトンボやらカゲロウやらが水場に戻ったんでしょ

つまり淡水には簡単に戻れたけど、海は難しいと。

甲殻類との競合ってのももちろんあると思う。でもニッチを奪い合って負けるほど弱いかね?

淡水での比較的高次な捕食者だけ見てみても、甲殻類はテナガやスジやザリやサワガニのような種の基本形から大して逸脱しない形に留まるのに対して(結局ハサミで掴むことしか出来ねーだろあいつら)

昆虫はタガメにヤゴにゲンゴロウにホタルと運動方法も捕食方法もめっちゃ多様性あるんだよな

だからやっぱ呼吸の問題だと思う。いったん空気中の酸素に依存した高い代謝を得てしまうと、完全なエラ呼吸に戻ったらその運動能力を維持できなくなるんじゃないか

あと繁殖に特大のアドバンテージのある翅を捨てきれないのかもしれない。これ捨てないと結局水面から離れられない

トワダカワゲラみたいな成虫でも無翅の種が上陸するのをやめてアホロートルみたいに水中で繁殖できるようになれば海中への道も開けるかもな

310名無虫さん2012-05-20 15:31:09

>>309

>川から離れなかった奴らなんていないんじゃないの?

それはそれで謎だな

311名無虫さん2012-05-20 16:17:48

>>310

適当に画像検索したけど

昆虫のルーツに近いとされる甲殻類カシラエビ綱のカシラエビ

<img src='

‘>

同じく鰓脚綱のカブトエビ

上のやつらとそっくりな原始的な昆虫のシミ

こういうの見てると、体の構造はあまり変わってないけどとりあえず上陸出来たよ!ってのが最初の昆虫だった感じがする

そっからいろんな昆虫が進化してきたんじゃね

318名無虫さん2012-05-22 23:09:58

>>311

外見が似てても呼吸器系が大きくちがうからなあ

エラから気管への進化ってどの段階で起こったんだろ

319名無虫さん2012-05-22 23:16:52

>>318

カゲロウ類なんか幼虫世代に外鰓が付いてるのが興味を引くね。

321名無虫さん2012-05-23 07:52:39

>>319

水生昆虫の幼虫にある気管鰓は気管が水中生活に適応したもので、昆虫の祖先が陸に上がる?前に持ってたはずのエラとは違うもの

347名無虫さん2012-05-24 14:17:53

>>321

の意見からすると、カゲロウ類みたいなやつはなにも淡水域に拘らなくとも良いと言う事にならないか?

同じ構造を持ってすれば海水域で適応できる様な進化が起こり得る可能性もあったのではないか?

335名無虫さん2012-05-24 08:13:25

2.昆虫の祖先に近いとされる海中生物の存在

>>311

>>323

の通り

360名無虫さん2012-05-26 20:01:46

海に進出する昆虫は羽根が退化すると思う。

海上を飛び回るメリットは少ない気がする。

361名無虫さん2012-05-26 20:20:32

>>360

翅は鰭にならんか?

363名無虫さん2012-05-27 06:51:57

>>361

オオ、水中型モスラが!

375名無虫さん2012-09-02 19:09:57

人間は食ってるけどな。

ゼンマイ、ワラビ…うまいよねぇ。

379名無虫さん2012-09-02 23:56:56

>>375

牛や馬は普段は避けるけど飼料に混ぜられたりすると中毒するそうで問題になってる

日本で胃がんが多いのをワラビのせいにしてる研究者もいるそうだ

そう言や伯夷叔斉ワラビを食して死すとか習ったな

376名無虫さん2012-09-02 22:44:42

>>374

俺も同じ疑問を持ってたな

夏山に入ったりするともう無事な葉は一枚もないというくらいの勢いで

植物は虫に食われまくってて

有毒植物も毒キノコも穴だらけ

しかしそんな中でもシダは何故か無事なのだ

これは子供の頃から本当に不思議だった。

コケ類も昆虫には食われていない気がするな

401名無虫さん2012-10-21 23:42:12

維管束植物の地上進出に伴って

それを基にする生態系が築かれたと考えるのが自然だろう。

403名無虫さん2012-10-22 01:11:15

>>401

>維管束植物の地上進出に伴って

藻類が陸上でコケ類に進化してやがて維管束植物に進化していったんじゃないのか?

404名無虫さん2012-10-22 02:37:03

>>403

そうだよ、表現が悪かったかな

420名無虫さん2012-11-22 22:40:13

イカのこの後に期待

524名無虫さん2013-09-10 18:33:18

論点がずれてるよ。

種は人間の主観にすぎない。

交配できる、だとか遺伝子が、とか見た目が似てる、だとか

すべて人間の便宜にすぎない。

むかし、ヘビが「虫」だったように、

絶対尺度なんてありはしない。その事實に対して

オタク野郎は「教科書をさらえ」ときた。

自分で考えないでやんの。こういうのを

オタク野郎っていうんだよ。受験オタク、

昆虫オタク、分類オタク・・

単に人が決めたことを暗記してるにすぎない非生産的な

クソヤロウだ。

526名無虫さん2013-09-10 18:43:19

>>524

論点がずれてるのはおまえw

>種は人間の主観にすぎない。

>交配できる、だとか遺伝子が、とか見た目が似てる、だとか

>すべて人間の便宜にすぎない。

>むかし、ヘビが「虫」だったように、

>絶対尺度なんてありはしない。

もし、おまえが主張する事が正しいのならば、きちんと“科学的に論証”してみろ。

出来なければ、小学生の教科書からやり直して来いw

530名無虫さん2013-09-11 11:14:42

>>526科学的に論証ってなんぞや。ちなみに証明を認めるのもその

人間次第。公理を変えればいくらでも証明を繰り返すことができる。

531名無虫さん2013-09-11 12:54:58

>>530

おまえには、科学的な議論は無理だからメンヘル板へ逝って

好きなだけ持論をぶちまけて来いよ。

585名無虫さん2013-09-17 20:28:43

反応してるってことは自分が馬鹿だと自覚あったんだな

糞レスしてる暇あんなら早く死ねよウジムシ

586名無虫さん2013-09-17 20:44:16

>>585

> 反応してるってことは自分が馬鹿だと自覚あったんだな

いや、俺が書いたもんじゃないし、馬鹿じゃねw

だいたい、馬鹿なのはあれよりもお前の方だと思ってるしw

> 糞レスしてる暇あんなら早く死ねよウジムシ

いや正論だよ。君が誹謗中傷しか言えないって事がそれを証明しているw

588名無虫さん2013-09-17 21:14:57

>>586

数ヶ月ぶりに来てみたら生物の定義や人間主観、DNAや細菌がどうのこうの

主題からわざと逸らして屁理屈こねてる奴ばっかじゃねえか

さっきから誹謗中傷しかしてないのはお前だろ

自分がまともだって言うのなら建設的なレスの一つでもしてみろよ

逃げるなよカス

590名無虫さん2013-09-17 21:26:28

>>588

> 数ヶ月ぶりに来てみたら生物の定義や人間主観、DNAや細菌がどうのこうの

> 主題からわざと逸らして屁理屈こねてる奴ばっかじゃねえか

俺だって最近戻ってきた方だが、前から時々あんなもんだが。

だいたい、それなら、二度と来ないか、まともな話をすればいいだけ。

海に出たくないのは事実なんだから、答えようはあるね。

> さっきから誹謗中傷しかしてないのはお前だろ

いや、俺はちゃんとまともな事も言っている。

お前は誹謗中傷のみ。

> 自分がまともだって言うのなら建設的なレスの一つでもしてみろよ

> 逃げるなよカス

お前よりはしてるけど?

591名無虫さん2013-09-17 22:01:05

さっきまで文末にw付けてたのに図星突かれてもう付ける余裕なくなったのか?

結局、スレタイに沿った建設的レスはできずに喚いてるだけだし惨めなヤロウだな

>海に出たくないのは事実なんだから、答えようはあるね。

生物の本能ってのは生命を維持しより繁栄させよう、そして種は様々な環境に順応しようっていう多様化へ向かうんだよ

海へ進出したくても障害があって難しいって言うならわかるが、

"海に出たくない"って繁栄を拒絶する意思が有るみたいなまるで的外れなこと言ってんじゃねえよ

>お前よりはしてるけど?

お前のした建設的なレスってどれだ?

今度もどうせ逃げるんだろうな

609名無虫さん2013-09-17 23:14:06

>>591

> さっきまで文末にw付けてたのに図星突かれてもう付ける余裕なくなったのか?

はあ?正論と図星つかれて顔真っ赤にしてるあんたが何を言うのやらw

> 結局、スレタイに沿った建設的レスはできずに喚いてるだけだし惨めなヤロウだな

お前と違ってしてますけど?

海に海に出てないのは事実で、答えようはあるのに、

叩くばかりで何もしない君は何?

> >海に出たくないのは事実なんだから、答えようはあるね。

> 生物の本能ってのは生命を維持しより繁栄させよう、そして種は様々な環境に順応しようっていう多様化へ向かうんだよ

最初からそう言えアホw

> >お前よりはしてるけど?

> お前のした建設的なレスってどれだ?

このスレでも言っている。そしてお前は答えたわけだ。

否定と誹謗だけってのは今後はやめるんだな

610名無虫さん2013-09-17 23:15:42

>>609

いいかげん、そのへんにしとけ!

613名無虫さん2013-09-17 23:59:43

>>609

wについて俺に指摘された途端またw付け出したのか

しかも、見えない相手に対して顔真っ赤とか妄想レスまでしだしちゃったか

>海に海に出てないのは事実で、

まともな文章も打てないおまえ自身が顔真っ赤ブーメラン

怒りで視野が狭くなって手が震えてるのか?w

お前がした建設的なレスがどれなのか安価かコピペでもして教えてくれるのかと思ったら

まーた曖昧な書き込みして逃げたか

匿名掲示板でもこんな調子じゃあ現実でも負け犬なんだろうな

616名無虫さん2013-09-18 01:40:35

>>610

言うんだったら俺にじゃなく、馬鹿の613に言うべきだったな。

>>613

> wについて俺に指摘された途端またw付け出したのか

意味不明。頭は大丈夫?最初からお前に言われてつけてるわけじゃない基地外かな

> しかも、見えない相手に対して顔真っ赤とか妄想レスまでしだしちゃったか

ああ、つまり図星だったと言うわけだw

> >海に海に出てないのは事実で、

> まともな文章も打てないおまえ自身が顔真っ赤ブーメラン

ああ、猿真似してるんだ、よほど図星だったのか、可愛いねw

> 怒りで視野が狭くなって手が震えてるのか?w

それはお前だろうw猿真似くんw

> お前がした建設的なレスがどれなのか安価かコピペでもして教えてくれるのかと思ったら

池沼はどうしようもないね、海で検索でもしたらw

> まーた曖昧な書き込みして逃げたか

もともとそういうレスなのに、因縁つけるとか頭は大丈夫?

それならほっとけば良かっただけ。

> 匿名掲示板でもこんな調子じゃあ現実でも負け犬なんだろうな

悔しいんだねw

628名無虫さん2013-09-18 18:44:48

>>616

うわぁ・・・きっしょ

こんな低脳丸出しの長文よく恥ずかしげも無く投下できるな

676名無虫さん2013-09-19 20:38:03

なにか人知を超えたものが生命の発生と進化に関わっているというのが最新の知見ではないかな

678名無虫さん2013-09-19 21:21:34

>>676

その通りだ

690名無虫さん2013-09-20 22:47:50

トンデモとまともな科学の違いって何?

どっちも宗教みたいなもんだろ

692名無虫さん2013-09-20 23:02:26

>>690

中世レベルの思考だな

696名無虫さん2013-09-21 01:03:49

学問理系スレでは、いちおう基本的な科学的思考力は身についているという前提だから、そのセンスがない奴はスルーされても仕方ない。

いちいち説明しろと迫るのは、鬱陶しい以前にスレ違い。

「科学的」の意味が解らない人は哲学板とかで教えてもらえばいい。

699名無虫さん2013-09-21 01:21:13

>>696

それってつまり科学ってのは権威主義と個人の感覚でやってるってことだな

宗教や芸術と同じって自白したようなもんだな

707名無虫さん2013-09-21 11:53:41

>>699

なんでそういう解釈になるのか、おまえの思考回路が謎すぎるw

709名無虫さん2013-09-21 18:47:10

>>707

>>696の説明を見たら誰でもそう思うわw

俺でもそう思ったぐらいだし

>>696の説明では「科学教の信者」から脱していない

712名無虫さん2013-09-21 20:29:50

>>709

>俺でもそう思ったぐらいだし

おまえだけだよw

てか自演うぜー

715名無虫さん2013-09-21 20:37:50

>>709

「科学教」とか言ってる時点で、科学音痴なのが明白。

724名無虫さん2013-09-21 22:32:07

>>712

自演すんな

714名無虫さん2013-09-21 20:37:38

後戻りできないなら進めばいいじゃない

海に向かって

716名無虫さん2013-09-21 20:48:13

>>714

進化は直線的に進み続けるものじゃない。

種の多くは進化の袋小路に入り込んで(専門化しすぎて)自滅する。

個体発生でいば幹細胞のように、分化(専門化)が進んでいない段階の方がより多くの可能性を秘めている。

系統発生でも、特定の環境に適応しすぎてない原始的というか、原型に近い種の方が、新環境に適応放散していく可能性が高い。

昆虫はそういう意味では「原始的」からはほど遠い、高度に進化が進んだグループだから。

719名無虫さん2013-09-21 22:11:43

>>715

お前がそう思い込んでるのはお前が科学教信者だからだよ

728名無虫さん2013-09-22 05:29:40

>>716

進化≒枝分かれ

分化≒枝分かれ

幹細胞≒枝葉の元になる幹の部分

烏賊のように生物量が多ければ幹になれる

細くて若い枝が沢山ある場合、将来どの枝が幹になるかは予測しきれない

進化そのものにに袋小路なんかない

餌の豊富さなど、環境リソースの問題であり

現在においては他の生物種が滅ぶことに代表されるような、ニッチの空席ができた場面があるかどうかに左右されやすい

アマゾンの密林では日光を奪い合うように樹木が伸び、それに寄生するように巻きついて伸びる蔓植物がいて

日光の届かなくなった地面付近の木が育たない

進化の袋小路にみえるのは他の生物にリソースを奪われて繁殖チャンスが少なかった場合が殆どだ

731名無虫さん2013-09-22 10:24:09

海域で昆虫が進出可能なほどの空きニッチは出来そうにないのか・・・

733名無虫さん2013-09-22 10:58:27

>>731

ニッチよりも基本的な生理が海水向きじゃないのかも。

もし地球の陸地が海面下に没するような急激な気候変動が起きたら、すぐに適応できる種は非常に限られてるだろうな。

たとえばこういうハエみたいな種。

hhttp://learn.genetics.utah.edu/content/gsl/foodweb/brine_flies/

彼らは高濃度の塩湖に生理適応してて、塩分を速やかに対外に排出できる器官をもっている。

737名無虫さん2013-09-22 12:08:55

>>733がこのスレを読んでてずっと思ってたことを代弁してくれた

もしかしたらスレタイに対する答えないいじゃないか?

740名無虫さん2013-09-22 14:11:10

基本的な生理が海水向きじゃないのかもよ?

742名無虫さん2013-09-22 14:23:29

>>740

アホかよ、適応したら基本的な生理が海水向きになるってことだろ

743名無虫さん2013-09-22 14:57:39

>>742

その言い回しだとクジラが鰓呼吸になってないといけないんじゃないの?

749名無虫さん2013-09-22 20:32:30

>>743

十分であれば適応してるってことだからエラ呼吸は必要ではない

746名無虫さん2013-09-22 20:02:21

昆虫は変態してしまうことで、幼虫が秘めてるポテンシャルを棄てちゃうんじゃないかな。

ヤゴもトンボになってからは水中に戻れないし。

かといって成虫に変態しなければ繁殖できないし。

747名無虫さん2013-09-22 20:06:31

>>746

ゲンゴロウやタガメなどは水中に戻ってるよ

748名無虫さん2013-09-22 20:20:20

>>747

水中で呼吸はできないから、あまり深い場所には生息できないだろうね。

750名無虫さん2013-09-22 20:37:08

>>748

さすがに10m以上になってくると難しいかもね

791名無虫さん2013-09-23 18:02:46

昆虫は太古に出現した時から現在とほぼ同じ形で出現している

つまり、昆虫は進化しないのだ

出現した時に海に対応する種がいなかったので、今もいないだけ

そんな事も分らないとはやれやれだぜ

929名無虫さん2017-02-16 21:40:46

海水に含まれるイオン

ナトリウム、マグネシウム、カルシウム、カリウム、ストロンチウム、塩化物。硫酸、臭化物、炭酸水素、フッ化物、ホウ酸・・

完全な海水は人工的には造れない

水+食塩=海水だと思っているバカ?

931名無虫さん2017-02-18 16:33:16

>>929

化学の基礎知識ないな

932名無虫さん2017-02-18 16:36:32

>>929

完全な海水とは?

それっておいしいの?

933名無虫さん2017-02-18 17:13:47

>>931>>932

自然科学の基礎知識無いなw

塩酸と水酸化ナトリウムを中和させ40億年たったら完全な海水ができるよw

完全天然の海水は海に行けば、好きなだけ飲めるよw まずは賞味あれw

934名無虫さん2017-02-18 17:29:56

>>933

> 塩酸と水酸化ナトリウム

マグネシウムは?マグネシウムはどこに行ったの?

完全な海水おいしいの?飲むとガンが治ったりするの?

935名無虫さん2017-02-18 18:07:41

>>934

塩酸=強酸性=超危険物→様々な要素を溶かし混合

水酸化ナトリウム=強アルカリ性=超危険物→様々な要素を溶かし混合

おいしいかどうか、飲んでみれば?

985名無虫さん2017-02-24 00:13:19

火星は地球の未来の姿と? 火星は嘗ては現在の地球と同じ緑と水の星だったと?

文明を持つ生物が生息していて 火星が死の星になる前に未来を託し文明の力で地球に向け生命体を飛ばした?

との伝説的なことをいうお方がおられるようだ 遠い未来は金星が地球の環境に近づくと・・・?

人や他の動物を全く外が見えない、時間も分からない空間に数週間、自由に生活してもらう実験で大概の者が一日のサイクルが25時間になったそうだ。

987名無虫さん2017-02-24 14:49:30

>>985

ここはSFについて語るスレじゃないのに、根拠もなしに空想だけで語ってるからな。

25時間周期だと分かっているのはヒトだけなのか?他の生物はどうなんだろうな。

988名無虫さん2017-02-24 19:43:43

そもそも本当に25時間周期なのか?

一部が言ってるだけで大半の科学者は認めてない異端じゃないのか

989名無虫さん2017-02-24 23:15:06

>>987>>988

根拠があるから公の場で語られる。そしてマスメディアでも取り上げられる、信じる、信じないは個人の自由だが?

地球の周径と火星の周径を見比べれば、少なくとも地球より一日が長い事は簡単な算数、

990名無虫さん2017-02-25 08:42:38

>>989

> 根拠があるから公の場で語られる。そしてマスメディアでも取り上げられる、信じる、信じないは個人の自由だが?

根拠のあるなしは公の場とかとは関係ない、また某かの根拠はそりゃあるだろう、そうでないならただの妄想だ

信じる信じないは個人の自由とかアホかと初めから妄想なら妄想と言え

一部が言ってるだけで大半の学者は認めてないというレスに、その馬鹿げたレスが何の意味があるのか、

まともに話す気がないなら黙ってろと

993名無虫さん2017-02-25 18:33:40

>>990

参考までの一説の雑談に悶着つけて、計算上の指摘に八つ当たり?

因みに火星の1日は正確には24時間39分45秒といわれているが…

生命誕生の説を認定する権限をもつ学者がいるの?多数決で地球の歴史が決定するの?

馬鹿げてると思うならなぜ問う?問いに回答しただけだが?

994名無虫さん2017-02-25 23:50:59

>>993

だったら何故火星でなければならないのか?

蓋然性としては、地球で進化してきたという考え方が高いのではないのか?

998名無虫さん2017-02-26 20:20:59

>>993

> 参考までの一説の雑談に悶着つけて、計算上の指摘に八つ当たり?

そういう意味不明の話をして難癖してるのはどうみても>>989なんだが

25時間というのが一説なら>>988の通りで正しいわけでね。

あと、>>994以降は俺じゃないんで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする