[ナポレオン覇道進撃]長谷川哲也48[セキガハラ・笑う殺し屋]

1名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-14 10:23:36

ナポレオン〜獅子の時代〜に続く皇帝への道

ナポレオン 覇道進撃

YOUNG KING OURs(毎月30日発売)にて連載中

掲載誌公式

hhttp://www.shonengahosha.co.jp/

前スレ

ナポレオン覇道進撃]長谷川哲也 47 [セキガハラ・笑う殺し屋 ©2ch.net

hhttp://fate.2ch.net/test/read.cgi/comic/1487766669/

次スレは>>980か他が宣言して立ててください

11名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-14 20:00:28

乙保守

41名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-18 07:59:42

>勝手に名乗って危うく軍法会議にかけられそうになった

日本語版wikiにはそう書かれているが、そんな事実はない。セントヘレナのナポレオンは「見せしめでスルトを銃殺してやりゃ良かった」と言ってるが、これは略奪行為全般をさしてのこと。

ただ、フーシェの回顧録で、「マッセナもスルト同様、剣先で王冠をひっかけようとしていた」とあり、王位を狙ってるんじゃないかと噂はされていた。

42名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-18 08:17:17

>>41

王位を勝手に名乗ったのは事実だぞ

イギリス軍にも情報が届いてウェリントンが唖然としているぐらいだから

「見せしめでスルトを銃殺してやりゃ良かった」というのは王位を勝手に名乗ったことを指す

勝手に解釈すんなよ

44名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-18 08:54:14

>>42

"J’aurais dû faire un grand exemple et faire fusiller Soult, le plus pillard d’entre eux. "

-Correspondance de Napoléon I ,pp.456

「私は大いなる見せしめとしてスルトを銃殺すべきだった。彼が一番の略奪者だった」

略奪の事を指していると解釈できるが。

93名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-25 08:11:04

ナポレオンは士官学校で背の低さとコルシカ訛りをからかわれていじめられた過去があるんだよ

いじめられっ子のナポレオンが暗い顔をして本を呼んでいたってみじめな話もあってね…

自分より背の低い先輩が気にかけてくれたけど、この先輩がラスカーズ伯爵なんだ

ナポレオンはその恩を忘れずに落ちぶれていたラスカーズ伯爵を侍従に取り立ててやったというわけ

100名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-26 00:55:33

偽物の方が本物らしくあろうとするの法則みたいに

外から来たかスタンダードじゃない方が社会に意見を持つ的なのがなんかあるかもしれない

108名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-30 19:01:58

>>100

なんか始皇帝っぽいな

正統じゃないから初代になろう、みたいな

始皇帝って結局秦王の血引いてないんだっけ?

109名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-30 19:36:14

>>108

呂不韋が実父という説もある

まあ、どこまで本当か分からないけど

ちなみに、武帝の時代、南蛮を教化するために呂不韋の子孫の生き残りが移住した

三国志に出てくる呂凱はその子孫にあたる

110名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-30 19:38:21

>>109

呂不韋の子供云々はかなり寓話っぽいらしいぞ

111名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-09-30 19:56:33

>>110

おそらくは始皇帝を貶めるためのデマだと思うんだけどね

呂不韋はかなり慎重かつ用意周到な性格のようだから、リスクを冒すとは信じがたいんだよ

近年では、劉邦の呂皇后は呂不韋の一族だったのではという説があるようだね

118名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-10-01 06:11:17

現在でもボナパリストとかおるんか、今でもナポレオンはフランスの超英雄だけど

119名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/2017-10-01 08:18:13

>>118

ナポレオン協会があるよ

毒殺説を唱えたスウェーデンの医師は熱心なナポレオンファンだったとか

グールゴー将軍の子孫は代々の当主が私財を投じてナポレオンの史跡を修復する活動をしているって聞いたことがある

そんなグールゴー男爵家には先祖がナポレオンからもらった手紙が門外不出の家宝なんだとか

135名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-06 01:08:32

>>119

ものすごく今更だがナポレオンの手紙って山ほど現存しているような

136名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-06 07:07:42

>>135

門外不出は自分にとって重要なものって感じで

別に多く存在するとかは関係ないよ

ナポレオンから貰った手紙なら他の人にはたくさんの一つでも

そりゃ貰った家からすりゃ門外不出よ

151名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-16 20:37:01

パットン「わしはかつて4千年前のエジプト人だった。

トロイア戦争で戦った。

シーザーの第十軍団で戦った。

カルタゴのハンニバル将軍だった。

スチュワート王朝のために戦った。

ミュラ元帥の部下の将軍であった。」

ナポレオン「ミュラの部下なんかにハンニバル級の人材がいるかボケ」

177名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-19 20:24:37

>>151

パットンって、ヨーロッパの初めて行った土地を前世の記憶で完全に把握してたとか聞いたが、あれって証言者いるのかな?

いたらもしかしてヨーロッパの誰かの生まれ代わりってのもない?

まぁ、ハンニバルはないだろうがw

180名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-19 23:42:19

>>177

な訳ない

知らない土地に行く前にみっちり調べるタイプだったんだろナポと同じで

あとは人に話すとき適度な脚色したっつう事だ

182名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-20 06:41:53

>>180

ホラ吹きアメリカンって事ねw

183名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-20 10:58:09

>>180

やっぱりそうだよなw

最近、トランプがマティスのことをパットン将軍の再来、って言ってたの知ってパットン将軍を調べてみたらそんな話があったから興味もった

周りはどんな反応だったんだろうなw

186名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-20 23:14:25

>>183

タイプとしては全然違うわな

まあトランプが他の名前を知らんかったんだろう

198名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-24 16:53:18

ロシア遠征はナポにしては兵站に気を使った方だった

それでもズルズルと長引いて結局壊滅という……

結果だけ見ればロシアの粘り勝ちだけど実際はそこまで

確実なビジョンがあったかは怪しいみたいだし

209名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-25 03:47:05

ワーテルローからの敗走中餓えから逃れる為に一切れのパンを盗み、

19年間も獄中生活を送ったビクトルは、

社会に対する憎しみを抱いて出獄する

とある教会に一夜の宿を求めたビクトルは、銀の燭台を盗むが捕まってしまう

しかし、捕まった彼に対し司教は「それは彼にあげた物だ」という

この事でビクトルは良心に目覚め、以後、ジャン・バルジャンと名前を変えてある町の市長となる

214名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-25 13:21:02

>>209

その小説を書くほうじゃないのかw

217名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-25 19:41:47

>>214

そういや、名前だけでファミリーネームが不明のままだったね〜w

240名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-26 22:58:06

自分で調べた時にひっくり帰ったのは、そもそもベルナドットとデジレを結婚させたのはジョセフ

あの兄貴、自分の弟と喧嘩別れしてきた男と仲良くなって義妹を紹介するとか正気か?

245名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-27 01:51:06

>>240

そもそもジョセフとデジレが付き合ってたよね

結婚当初とジョセフがスペイン王になる辺り、ジュリー顔変わりすぎw

クラリー姉妹はいいとこの家っぽいけど、この時代の婚前交渉ってどんな感じ?

スウェーデン王妃はナポレオン兄弟とやりまくった、ってことでいいのか?

それとも婚約で、プラトニックだった?

241名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-26 23:27:15

ナポレオン以外のボナパルト家の面々とは

割と仲が良いからな ベルナドット

あと喧嘩別れしたとはいえ軍の実力者だし

身内に取り込む意味はあるはず

上手くは取り込めなかったけど

282名無しんぼ@お腹いっぱい2017-10-29 23:04:34

>>241

ジョゼフとしてはナポとの家長争いで、一族内に味方を増やしたかった面があったと思う

一族に実力者を引き込むことは、家長争いそのものの点数稼ぎにもなるし一挙両得

ナポレオンの帝国視点だと上手くいかなかったけど

ジョゼフや一族としてはナポ破滅後でもスウェーデン国王夫妻とつながりをもつという超ファインプレイだね

287名無しんぼ@お腹いっぱい2017-11-01 00:00:32

>>282

ジョゼフは大体無能に描かれてるけど

スーシェも取り込んでるし実は有能?

289名無しんぼ@お腹いっぱい2017-11-01 13:25:10

ぶっちぎりの無能がジェロームかルイかで議論ありそう

293名無しんぼ@お腹いっぱい2017-11-01 21:53:29

>>289

ジェロームは臣下としてはダメでも個人としては結構有能だったんじゃないか

何だかんだで政治的にも生き延びている。

368名無しんぼ@お腹いっぱい2017-12-10 11:05:59

グーヴィオン=サン=シール

とかいう意味不明な名前

373名無しんぼ@お腹いっぱい2017-12-11 06:03:10

>>368

元々の姓はサン=シールだよ

入隊する際、既に有名だった同姓のいとこと間違えられないようにグーヴィオンを追加したんだそう

407名無しんぼ@お腹いっぱい2017-12-31 22:29:15

念のために書いておきます

大陸軍はたいりくぐんではなくて、だいりくぐんです

413名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-01 07:10:02

>>407

そんな大事な事は最初に書いとけww

ずっとずっと大陸だと思ってましたw

408名無しんぼ@お腹いっぱい2017-12-31 22:53:47

ロシヤ遠征って全く勝ち目のないノーチャンスだったわけでもクトゥーゾフが最初から計画的な撤退戦をしていたわけでもなかったのな。

漫画で勉強するのも変な話だけどさ、「勝ち目のない無謀な遠征でロシヤ軍は最初から禿げしい決意で焦土戦術をした」って完全に勘違いしてたぜ。

撤退ばっかりして士気が崩壊したら元も子もないものな。

結果から過程を決めつけてた。

410名無しんぼ@お腹いっぱい2017-12-31 23:41:24

>>408

ベルナドットもカスピ海まで引きずりこめとアレクサンドルにアドバイスしてるように

ロシアの国土で補給路を引き延ばすという戦略が突拍子のない奇策ではない以上、

経過がグダッていても実際にはノーチャンスに近かったんじゃないかなあ?

決戦大得意のナポに対して、負けないことや確実に勝つことに拘れば、誰でも結局は長期戦中心になる気がする。

414名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-01 09:12:30

>>413

グランド・アーミーは地上最強ー!

って何度も書いてあるじゃんよ?

424名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-01 17:52:55

この漫画、禿たちが無駄にカッコいいな。

443名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-05 20:51:35

これの元ネタなんだっけ

447名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-06 00:34:58

>>443

世界のヘイポーの謝罪文

448名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-06 16:02:39

>>447

ありがとう

449名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-07 00:03:37

ジュノーに刺された場面も見たかった

471名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-12 17:57:31

というか母親だけじゃなくて、父親も祖母のレテツィアの浮気相手の子疑惑があったんだよな

472名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-12 18:01:35

>>471

お母様、あんたもかい!

ジョセフィーヌを嫌う権利はないでしょうよ…

477名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-12 22:41:14

>>472

浮気というより家族のために身を差し出したという感じらしい

475名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-12 22:04:01

レティツィアかオルタンスか、不義を働いたのはどっちだ? → どっちもという可能性を排除する必要はない

476名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-12 22:12:14

>>475

どちらかというと、オルタンスだろうね

内向的なルイと社交的なオルタンスはとにかく相性が合わなくて不仲で有名だったから

この二人別れるんだけど、ルイは上の息子を引き取るんだけど、三世をどういうわけか引き取らなかったそうだよ(オルタンスが引き取った)

480名無しんぼ@お腹いっぱい2018-01-14 00:24:08

>>477

エッッッッッッッッ